サイトマップ

お問い合わせ

店舗ATM

文字サイズ

現在表示しているページ
ホーム > きのくに信金について > 金融犯罪にご注意ください > 振り込め詐欺

振り込め詐欺

振り込め詐欺とは

振り込め詐欺とは、いわゆる「オレオレ詐欺」「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」などの総称です。
例えば電話で本人や家族、親せき、警察官、弁護士などを装って、交通事故や痴漢の示談金、借金返済などもっともらしい話でだまし、現金振り込みや現金書留の送付を要求します。
犯人は、あらかじめ名簿などを入手しておき、家族構成や勤め先などを調べてから犯行におよぶ場合もあります。

振り込め詐欺に遭わないために

電話相手と話の内容をきちんと確認する。

家族や親せきを完璧に演じるのは困難です。自分から先に息子や孫などの名前を言わずに、電話相手に言わせてください。また、家族や親せきの名前や住所を聞くなど、本人かどうか確認してください。

現金を振り込む前に、必ず本人や家族、友人に確認する。

電話で突然振り込みを要求されたら、電話を切って、必ず当事者本人や家族、親せき、友人と連絡をとり、事実を確認してください。
事実が確認できない場合は、振り込まないようにしてください。

ATMコーナーでの携帯電話の通話はご遠慮ください

当金庫では、ATMコーナーで、携帯電話をご利用のお客さまには、振り込め詐欺をはじめとする犯罪被害防止の観点から、職員などがお声かけをさせて頂くことがありますので、あらかじめご了承ください。

関連情報

Go to top