投資信託って?|投資信託|きのくに信用金庫

サイトマップ

お問い合わせ

店舗ATM

文字サイズ

現在表示しているページ
ホーム > 個人のお客さま > ためる・ふやす > 投資信託 > 投資信託って?

投資信託

きのくには、あなたの資産を大切に育てます

低金利時代の資産形成とは?

預貯金だけでは貯めることはできても殖やすことは難しい時代です。今だからこそ、預貯金中心の資産運用を見直してみることが必要なのではないでしょうか。しんきんでは価値ある投資信託を厳選し、さまざまな資産に投資するバラエティ豊かな商品を取り揃えています。お客様のご希望をお伺いし、確かなコンサルティングで、新しい資産運用をご提案します。

投資信託とは?

「投資信託」(ファンドとも呼ばれる金融商品)は、多くのお客様からお預かりした資金をひとつにまとめ、運用の専門家である投資信託会社が、複数の株や債券など多くの金融商品に投資(運用)し、その成果をお客様にお返しする商品です。

投資信託の特徴

  • 小口の資金からの投資が可能です
    株式などの有価証券購入である程度まとまった資金を要しますが、投資信託は、1万円から「小口資金」で始められます。
  • 投資の専門家に運用を任せることができます
    投資信託では、多くのお客様からお預かりした資金をまとめて、投資に関する高度な知識をもった運用の専門家がお客様に代わってバランスのとれた分散投資を行います。
  • 分散投資によるリスク低減が図れます
    投資信託では、複数の銘柄に少しずつ資金を分散して投資しますので全体的に値動きが平均化され、リスクを抑えた運用を目指すことができます。
  • ご要望にあった投資信託が選べます
    運用対象や運用方針が異なるさまざまなタイプをご用意いたしております。「積極的に収益を目指す「安定した収益を目指す」等ニーズに応じて商品をお選びいただけます。

投資信託のしくみ

投資信託に関するご留意点

  • 投資信託は預金、保険契約ではありません。
  • 投資信託は預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
  • 当金庫が取扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 当金庫は販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
  • 投資信託には元本および利回りの保証はありません。
  • 投資信託は、組入有価証券等の価格下落や組入有価証券等の発行者の信用状況の悪化等の影響により基準価額が下落し、元本欠損が生することがあります。
  • 外貨建資産に投資する場合には、為替相場の変動等の影響により基準価額が下落し、元本欠損が生することがあります。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、ご購入されたお客様に帰属します。
  • 投資信託のご購入時には、買付時1口あたりの基準価額(買付価額)に、最大3.24%の購入時手数料(消費税込み)、約定口数を乗じて得た額をご負担いただきます。換金時には、換金時の基準価額に最大0.5%の信託財産留保額が必要となります。また、これらの手数料とは別に、投資信託の純資産総額の最大1.9008%(消費税込み)を運用管理費用(信託報酬)として、信託財産を通じてご負担いただきます。その他詳細につきましては、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)等をご覧下さい。なお、投資信託に関する手数料の合計は、購入金額や保有期間等により異なりますので表示することができません。
  • 投資信託には、換金期聞に制限のあるものがあります。
  • 投資信託の取得のお申込に関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
  • 投資信託をご購入にあたっては、あらかじめ最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等を必ずご覧下さい。

商号等:きのくに信用金庫  登録金融機関 近畿財務局長(登金)第51号

Go to top