きのくにの仕事きのくにの仕事

信用金庫の業務内容は、地元の多くの企業や住民などから資金を預かり、地元で資金を必要とする人々に融資を行い、事業や生活の繁栄のお手伝いをしています。
多岐にわたる業務内容の中から代表的な職種を紹介します。

支店の仕事Branch of business

営業

お客さまの自宅や会社に赴き、さまざまな金融ニーズにお応えする仕事です。預金を始め、融資から金融商品までのあらゆる知識に精通し、お客さまとの信頼関係を築いていくことが求められます。

そのために、金融・経済を初めさまざまな知識を身に付け、またコミュニケーション能力に長けていることが必要となります。フェイストゥフェイスを体現する象徴的な仕事です。

お客さまサービス

支店の窓口において、主に預金の入出金、振込、税金・公共料金の収納などの手続きをしています。

素早く正確な事務を行うとともに、資産運用やローンの提案などお客さまのさまざまなニーズについてアドバイスをおこなうことが求められます。

融資相談

来店されたお客さまのご融資の相談、審査・実行手続き、およびご融資実行後のフォロー、債権管理などをおこなっています。

ご相談の内容としては、個人のお客さまはマイカーローン・教育ローンといった生活資金、法人のお客さまは事業を運営していく上で必要となる運転資金や設備資金などが挙げられます。

マネーアドバイザー

お客さまのニーズに合った資産運用のプランをご提案しています。定期預金や公共債、さらに外貨預金や投資信託、保険商品などの投資型商品を活用し、資産運用のプロとして幅広い提案・アドバイスをおこないます。

日々、新たな情報を収集するとともに、商品知識だけでなく、外部環境やマーケット知識を積極的に修得していく姿勢が求められます。

本部の仕事Head office of business

総合企画

金庫全体の経営計画・経営戦略の立案や収益の管理等を行っています。

企画課は、金庫を取り巻く環境が常に変化し続けていく中、金庫がどういう方向に向かっていくかを考える部門であり、さまざまな企画立案やマーケットの調査、分析などを行っています。
主計課は、金庫全体の計数を管理する専門的な分野であり、毎月の計数報告や決算書の作成など、ミスのない正確な作業が要求されます。

どちらも金庫の中枢を担う部門であり、さまざまな情報、知識を取り入れていく姿勢で臨んでいます。

総務

総代会の開催や金庫所有資産の管理・営繕、本部経費の支払い、防犯に関する対策など多岐にわたる業務を担当している部署です。

全営業店・本部各部に関わる仕事をする部署でもあり、高いコミュニケーション能力が求められるとともに、業務に関するさまざまな知識が必要となります。金庫全体を支えるバックヤードとしての働きをする部門です。